アーティストの支援をします。

Art-Write 連絡ボード

目標:英語で英語圏のアートコンペに申し込んで、世界で作品を売る。

Connect with Your Audience 2

2016年8月12日(金) 20:00〜

オーディエンスとつながる。買うことの定義。

Connect with Your Audience

2016年8月4日(木) 20:00〜

文法:英語を今ある力で読むにあたり、意味を限定していく言語の作用を解説。

解説資料 「The concept and grammar」

  • オーディエンスの定義。
  • オーディエンスとは「作品を購入する可能性のある人」。
  • 買う可能性のある人に向けてステイトメントを書く必要がある。

Difinition of artist statement

2016年7月29日(金) 20:00〜

文法:関係代名詞を用いた名詞の修飾を中心的に解説

  • Pikachu you got yesterday
  • Pikachu that can fly high

内容:

  • アーティストステイトメントとは何か。
  • アーティストステイトメントとは何では「ない」か。
  • アーティストステイトメントとは鑑賞者と作品をつなげる架け橋としての役割を担う「明確」な表現がなされた文章。
  • ステイトメントはポエムではない。鑑賞者に対して、明確な情報を伝えなくては意味がないし、伝わらなければ作品は売れない。

序文:Words are powerful
一章:Why visual artists need to write

2016年7月22日(金) 20:00〜

  • 視覚と「言語」を結び付けることで、より詳細に美術をとらえることができる。
  • 美術家として生活していくためには、「文章を書くこと」が常に要求される。
  • 具体的には、コンペに申し込む、奨学金を取る、ギャラリーに所属するための資料等々。
  • 一番大事なのは「作品を売る」ためにはあらゆるステージにおいて「文章を書かねばならない」。
  • 作家本人は「鑑賞者」に対して、自分の作品を見るための「道筋」を言語によって提供しなくてはならない。
  • 作品の内容を説明するのではない。鑑賞者が鑑賞するための手がかりを与える。
  • 自分の作品について文章をかけないのであれば、アーティストとして生活するのは不可能であるといっていい。